11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
深夜のベースとYoutubeは存外危険

ども。こんばんは。

もう3日連続でガッツリ呑んじゃってるんですがヘパリーゼなしでは生きていけない身体になってしまいました。

さすがに明日は休肝日にしよう。

 

 

最近グルーヴィーに演奏しようとする上でタイトや音価について深く考えながらやることが多くなったんですけど、

どんなに器用に弾こうとしても大前提としてそこに大元の大きなノリが感じられなかったら結局皆楽しめないなーとしみじみ思います。

全てはそこから始まって、そしてどうノらせるかに派生していく。

だから僕は大きなノリのドラマーが大好きです。それだけで偉大。

 

 

だからでぃるさんは偉大っちゅう話です。笑

いやでも本当よ。

最近うちから徒歩2分の距離に引っ越してきたので頻繁に呑みにいってます。

おかげで胃も肝臓もボロボロです。まぁ楽しいからしょうがないね。

 

 

先日ポテコミックス6日目でした。

ようやく全曲ミックス音源出揃いまして残り1日で最終確認&詰め作業。

そしてマスタリング作業に移りましていよいよ音源は完成です。

制作期間丸1年。かかりましたね、というよりじっくりマイペースに作りました。

その甲斐も存分にあって非常に濃いアルバムに仕上がってきてるのでもういよいよ酒が止まりません。爆

リリース日はまだ決めてませんが最後までじっくりまとめて夏頃には良いお知らせができるんじゃないかと思います。

もう少し楽しみに待っててください。

 

 

寝る時に星野源のラジオをかけて寝るのが最近の日課なんですが大泉洋の回と藤井隆の回が非常に最高です。

興味あれば是非。

 

 

 

 

 

 

あと吉田一郎はやはり化け物。手に負えん。

ピッキングマジでどうなっとんねん。

 

 

本日の1曲:Honnoji/ZAZEN BOYS

Fooly Coolly | - | 02:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
サンズアンプ

ども。GWどうでしたか?
今年はさすがに呑み過ぎまして身体的にも金銭的にも思いのほか大打撃を受けたのでGW明けた今は形を潜めてます。精神的には満足してます。
しばらくは一休の千円飲みで我慢やなー←でも呑む



さて、ここから本題ですがベーシストなら誰しもが一度は通るであろうサンズアンプについて少し語らせていただきます。
ついでに自分の音作りの肝である機材もご紹介します。





↑まずは竿からご紹介。
左がレイクランドで右がオーダーメイドのジャズベです。
主に使用しているのはジャズベですが、丸い音が欲しいなって時にはレイクランドを使います。
レイクランドは今はワタナベタカシでのみ使用してますね。サティスの時も使ってました。あと去年しんきろうのまちのサポートやってた時も使ってましたね。
幅広いサウンドメイクが可能でネックがマジで細くて何せ弾きやすいんですよ。それに慣れたせいでジャズベ探しの時に同じ弾きやすさのモノがなくて結果オーダーメイドに行き着いたぐらいです。
あと見た目が最高。基本楽器は見た目で選びます。音とか二の次です。





↑ハイ、これが本題のサンズアンプです。
こいつは従来のサンズアンプと違いましていわゆるモディファイという改造版のサンズです。
これ高いんです。56000円しました。爆
従来のサンズで3万ぐらいかな?今はわかんないけど。
従来版と何が違うかってMIXのツマミが細分化されてる所とアウトボリュームがついてる所です。
従来のサンズはMIXツマミが1つだけでいわゆるサンズの音と竿の音をどれぐらいの割合で混ぜるかって所なんですけど、モディファイ版はDRIVEレベル(サンズ側のレベル)とCLEANレベル(竿側のレベル)両方ついてるんですね。要するにより細かくサンズと竿の割合がMIX出来るようになってるわけです。そしてそれをアウトボリュームで音量調節出来ると。
ここがマジで凄くて、要は竿のミッドやら特性をそのまま残しつつサンズの美味しい部分だけ組み合わせられるっていう吉岡里帆のグラビアばりに反則的な所業を容易にこなせてしまう最強のサンズアンプなわけです。
これはサンズユーザーなら言ってる意味わかると思います。わかんない人は聞き流して下さい←
サンズはサンズの音にしかならないって馬鹿にしてるベーシストを軒並みひれ伏させるであろう大名器です。



サンズの一番好きな所は一定の密度を得られる所ですね。
質感にも通ずるんですけど繋いだだけで少しコンプがかかるんですね。
それゆえに音の塊としてドーンと出せる所が個人的に一番好きなポイントです。
サンズは確かに繋いだだけで固い音にはなってしまうんですけどね。(モディファイは違うけどな!)
諸刃の剣的な感じなんですけどそれを差し引いても非常に攻撃的で非常に魅力的な機材だと思います。
この機材はベース弾いてる人なら大体通りますね。
ちなみに今出てる最新型のサンズアンプには今までになかったMIDツマミがついてるんですが試奏した感じ正直個人的には微妙でした。うん、アレは微妙。





↑最後に1つ。
アギュラーのトーンハンマーです。
コレが自分の音作り最大の肝であり要です。
竿→サンズ→トーンハンマーの順で繋いでます。
サンズもトーンハンマーもプリアンプなんですけど、自分はサンズで型を作ってトーンハンマーでベースの一番美味しいローミッド部分を引き出すって感じで作ってます。要するにイコライジングとして使用してます。
ローミッドがね、とにかく出せるんですよ。あと繋いだだけで音のヌケが良くなります。
これは本当にオススメします、マジで良い。
トーンハンマーに出会うまで従来のサンズアンプのみ使用してたんですけどコレ繋いでからどこのハコでもどこのレコスタでも勝負出来るようになりました。
ヘッドでも出てますよね。吉田一郎とか使ってますね。Julyのゆうじさんも使ってたな。超オススメです。是非。
 

 



ってことで長い長い機材自ま……機材紹介をしたわけですけど、実は本当につい最近音作りの意識が変わってきまして。
今まではドーーンって下(低域)を出すって意識が一番あったんですけど、そんなに下いらねえなって思い始めてきたんですね。
それよりミッドの効いたヌケの良い音でやりたいっていう。
やっぱラインが見えないと意味ないよなーって改めて思ったので。



ここで本題に再び戻るんですけど別にサンズアンプ外していいんじゃないかって思えてきたんですよね。
今まで通りドーーンって出したいならサンズの力に頼っていいと思うんですけど、これを機会に一度外してみてもいいかなーって。
あとエフェクターの音のノリもね、サンズない方がいいんですよね。ベースシンセとかワウとか。
前述した通りサンズ繋いだだけで自動的にコンプがかかっちゃうんで。その分、エフェクトの効きも微妙にはなっちゃうんですよね。



でもサンズを外すっていうその一歩が中々踏み出せないんですよね〜正直。
19歳の時に初めて買ったエフェクターがサンズアンプとBOSSのベースシンセとチューナーの3つで(当時狂ったように好きだったひなっちが使ってるという理由だけで購入)
かれこれもう10年以上サンズ使ってるんです。



それを外すってのはもう長年付き合った彼女と別れるって感じと一緒じゃないですか。知らないけど(オイ)



とまぁ色々思い悩む所なんですけど同じ景色ばかりじゃなく別の景色をね、覗いてみるのもいいじゃないかと(何の話だ)



外してみてやっぱ必要だなって思うポイントでまた使えばいいかなって思うし、よりサンズの良さを体感出来る良い機会とも思うので。
RECでは間違いなく優秀ですからね。

これからもきっと使い続けることでしょう。
ってことでいいかげん眠くなってきたんでそろそろ強制終了します←



そういや昨日ようやくオーディオインターフェースを手に入れました。
宅録デビュー。まだ全然だけどとても楽しいです。早くモノにしたいなー









10年以上ぶりに聴いたけどめっちゃ良い曲でビックリした。
加護ちゃんめっちゃかわいいな。

Fooly Coolly | - | 03:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
のらりくらり
ども。もうすぐ4月も終わりですね。
毎年4月は過ぎるのが本当に早い。
一年通して一番早いんじゃないかってほどに。
毎年何かしら忙しくしてるイメージがあるな。実際そうでもないんだけど。


早いもんで企画から2週間経ちました。
本当に幸せな1日だったなーと余韻が5日ぐらい続いて、それに伴い疲れも抜けませんでしたが←
ようやく色々落ち着いてきました。
昨日は思い立って少女ファイト9巻?のごとく部屋の整理を。
モノを捨てると心にも余裕が生まれていいですな。
基本捨てられない人ほどいざ捨ててみると快感が生まれるのかもしれません。
全く物を捨てられなかった僕が実感出来たのでオススメです。


30になってまだほんのわずかで、どうせ特に何も変わらないんだろうと思ってたけど不思議と意識が変わってきました。
色んな角が取れて丸くなっていく感覚。
非常に穏やか。劣勢を劣勢と感じない、多少の目論見の外れをよしとする気持ちの余裕。
20代で悩み続けたことが今とても活きてる気がします。


今のこの感じからこれからどう進むんだろう。
不安を不安と感じない、楽しみでしかない30代。
今のところ満喫してます。ヒェア!


本日の1曲:流動体について/小沢健二
Fooly Coolly | - | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
気の合う友達を誘ってバンドやろうぜ
30になって何が変わるでもないけどとりあえず20代と同じ過ちは繰り返すまいという意識だけは今のところ芽生えています。いつまで続くことやら←
ただいちいち一つ一つのことに引っかからないというのが秘訣かもなんて思ってますね今は。


楽しいこと、楽しくないこと、どちらも結局やることになる。
楽しくないことを自分がこうすれば楽しめるんじゃないか、と考えるのもポジディブでいいけど結局ね、疲れるんですよそれも。
だからもう楽しいと楽しくないの線引きは逆にハッキリさせていい気がしてます。
やらねばならないことは別だけど、やりたくないことを無理してやって良かったことなんて今まで殆どなかったというか皆無だったからもうそのへん切り捨てようと決意しましたね。
何この重い話。


まあそのへんのことを自覚できた二日間を過ごせたのでただの記録です。
とりあえず夜ちゃんと寝て朝起きる生活を今夜から始めよう。


あーそうそうポテコミックスね、最高でしたよ。(焦らし←)


本日の1曲:あこがれ/ベルリンペンギンレコード
Fooly Coolly | - | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
30過ぎたら遅刻も個性

ってことで30になりました!ども!

生誕祭来てくれた出演バンド、スタッフとして手伝ってくれた皆さん、お客さん、全員ありがとうございました!

心から感謝します!ラブ!

 

 

サンスタみんこさん、いつもありがとうございます!

いつかやりたいと思っていたことが実現できて感無量です。

これからも末永くよろしくお願いしますね。

 

 

それから何よりも今回は社長とでぃるさんメンバー2人に感謝したいです。

企画スタートから片付けまで全部動いてくれて僕は本当に何もしてません。打ち上げ誘導したぐらいです。

おかげでJulyからTeenagerまで全バンドフルで存分に楽しませてもらいました。打ち上げまでしこたま飲めました。

誕生日丸々遊び尽くせたのは二人のおかげです。

本当にありがとう。今度なんか良いの奢るわ←

 

 

いやもう本当に最高でした。

25歳からずっと誕生日に個人企画なりポテコ企画なりやって沢山の人に祝ってもらってきてますけど、

ちょっと格別でしたね。今年は。

毎年凄い楽しいんですけど今年はズバ抜けてた気がします。

サンスタだったからかな。まさしくホームパーティーな感じで。

フードさおりんだから飯もうまい、バンド間違いないから酒もうまい、ロケーション最高(実際これが一番大きい←)

で、もう言うことなしでした。

 

 

そんなわけでちょっと今回出てもらった各バンドの個人的感想を自己満で書きます。

長いので興味あれば読んでください。

 

 

1.レッチリコピバン

 

面白かったでしょう?笑

バネさんはね、もってるんですよ。色んな意味で。もう牙はないけど←

仲良い人でレッチリやるならこの人でしょって人をそもそも指名してるんで勿論最高に楽しかったです。

昨日Youtubeでフルライヴ映像(MCもノーカット)をUPしましたんでよかったら見てみてください。

とりあえずふもとさんのコーラスの完コピぶりとバネさんの歌詞9割9分覚えてない感じとMCが見所です。

RHCPファンはそこんとこご愛嬌でお願いします。

 

https://www.youtube.com/watch?v=FRyn-IkKuiE&feature=youtu.be

 

 

2.July

 

ポテコではようやく初対バンでした。ずっと一緒にやりたかった。

実はワタナベタカシの初サポートがJulyの企画で(2年前かな)

そん時に対バンしてからの付き合いで、その後もライヴハウスとかではちょこちょこ会ってたしJulyの深夜練に乗り込んだこともあります笑

あ、その時に途中でベース弾いてレッチリやったんだ。それだ。そもそものコピバンのキッカケは。

何にせよJulyはね、かっこいいとこ美味しいとこどりなバンドだから酒すすむんですよねー←

予想以上のペースで呑んでしまった、いや呑まされてしまったと言うべきか。いやおれのさじ加減か。

最高でしたね、とにかく。

あとゆうじさんのベースプレイ、おれもう本当に好き。大好き。マジでかっこいい。てかゆうじさんラブ。

ちょっとあの至近距離であのパフォーマンスされたらファンになるわー。ラブ。

 

 

3.ドキュメンツ

 

僕は歌よりもリフを聴いて育ってきた人間なので歌が良いと思うバンドは沢山いても歌が好きなバンドってあんまりいなくて。

ライヴハウス界隈なら尚更。

でもドキュメンツだけはね、本当に好きなんですよ。歌が。

おれCD収録の曲なら全部歌えるもん。カラオケ入ってたら絶対に毎回歌う。

そんで歌もそうなんだけど、曲が本当に良くて。

本当にまっすぐなバンドだからドキュメンツがバンド続けるってだけで救われる人間かなりいると思います。

バンドマンの希望です。ドキュメンツは。

それだけリスペクトしてるドキュメンツVo/Gtの杉本君がMCでまさか「30にもなって良い歳した奴が自分の誕生日自ら祝ってんなよ」的イジりをしてくるとは夢にも思いませんでした。爆

良いじゃんかよ別に笑

でも面白かったし肝心のライヴはいつもながらまっすぐで最高でした。

ベースのゆうたもMCで言ってくれてたけどひなっち繋がりで仲良くなったんでね。マイメンです。早く飲み行こう。

 

 

4.しんきろうのまち

 

去年に続き2年連続で呼びました。それも今回は真っ先に呼びました。

何故ならサンスタに所縁のあるバンドだったから。良いのはもう知ってるから。

しんきろうはね、去年の今頃ベースサポートしてたんですよ。

で、その頃にやってた曲やってくれんのかなって思ってたら一曲もやんなかったですね←

でも一番好きな"エンドロール"って曲をやってくれたので嬉しかったです。

あとリズム隊がね、本当にどんどん良くなってて心地よさが格段に増していってますね。

ワタルのドラムが最近本当に良い。ノリにノッてる感じ。

爆弾人間古沢大魔王のベースも成長ハンパなくてもう既になくてはならない存在になってるのでマジですげえなって思います。

よーちゃんはね、近々飲むだろうしね。腹を割って話そう。

 

 

5.逃亡くそタわけ

 

優勝です。以上。爆

いや、本当に痺れた。この前のモーション何だったんだ笑

今まで逃亡見た中で一番最高だと思いました。

あいつら汚いわ。ずるいわ。あんなんやられたらぶち上がるに決まってるやん。

逃亡は今回の企画メンツの中で最後に決まったバンドだったんですけど、決まった時"あっ、もらった"って思いました。

実際ここで"もらった"って思いましたね。

この辺は僕としばたさおりの思惑通りです←

イベントはこの時点で完成しました。最高。最高かと。

 

 

6.Teenager Kick Ass

 

知ってたんですよ、めちゃめちゃ気合い入ってるってことは。ポテコ企画に向けて。

正直僕は彼らをナメてました。うん、ごめん、ナメてたわ。歳下だからとかそういう次元じゃなくて。

それまで結構良い感じに酔っ払ってたんですよ。逃亡でぶち上がって。

もうね、目が覚めちゃって。完全に潰しに来てたんで。それも中途半端じゃなく。

ほんのちょっと見ないうちに物凄いエグいバンドになりやがりましたね。

いやーおれスイッチ入っちゃって。もう30なのに笑

でもそれこそ歳は関係なくて僕は単純人間なんであれだけ熱い感情ぶつけられたら黙ってられないんですよね。

おー受けて立ってやろうじゃねーかと。久しぶりでしたね、あんな気持ちになったのは。

あとまぁその勢いで一つ言いたいのはそもそもおれらが半端なバンド呼ぶわけねえだろと。歳なんて知らんわ。

唯一無二にかっこいいバンドしかうちは呼ばねえし出さねえんだよってことだけはこの場で言っときます。

彼らは最高です。もっと好きになったよ。ありがとう。ラブ。

 

 

7.potekomuzin

 

とまぁ感情的になったところで今日はそもそもそういう日じゃねえってことに実際のライヴ途中でようやく気付きました。爆

社長とでぃるさんは本当に大人ですからね。わかってますから彼らは。

いやまぁ20代の名残ですかね笑

変わんねえだろうなーそういうとこは。

でもそれはそれとして本当に楽しかったしあの場でライヴできたことが本当に幸せでした。

全然知らない人からしたら遠いですよね、調布って。

でもはるばる来てくれたことが本当に嬉しかった。

皆さんのおかげで良いライヴが出来たと思います。

本当に感謝しかないです。ありがとう!ラブ!まだまだ続けるよ!

 

<SETLIST>

 

1.CHAMPION REBIRTH

2.Apple

3.MOODY

4.ニューバランス

5.フラットコミュニケーションスランプ

6.ポップソング

 

En.R.G.R

 

 

そんなわけで身体が未だにVAKI☆VAKIですが本日はポテコ3rd Album Mix5日目です。

あと2回ぐらいで終わるかな。MIXは。まだマスタリングやらその他諸々あるけど。

だいぶ終盤にきてますね。

散々焦らしまくってますが本当に良いモノが出来てきてるので引き続き水曜どうでしょう新作を待つかのごとく気長にお待ちください。

 

 

音楽は素晴らしいやね。良い30代にします。

 

 

遅刻はしないぞ、できるだけ←

 

 

本日の1曲:Chee-Kock/グループ魂

Fooly Coolly | - | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
サンスタへの道のり

調布SUN MUSIC STUDIO(通称:サンスタ)までのナビをこちらで紹介します。


まず何よりも大事なことですがとりあえず調布駅に辿り着いてください(ごーん)
調布ってどこよ?って方に丁寧に説明しますと、
まず京王線でございましてJRではございません。
新宿からなら特急で15分(各駅だと45分もかかるのでご注意)
渋谷からならまず井の頭線、そこから明大前で京王線に乗り換えて最速20〜25分ぐらいで着きます。
交通の便は正直めちゃくちゃ良いので住む分には正直かなりオススメです、それはいい。


はい。で、調布駅に着きましたと。
ここからサンスタまでの道のりですが徒歩7分ぐらいです。
アクセスについてはサンスタHPにも勿論掲載されてます。


↓調布SUN MUSIC STUDIO
http://sunmusicstudio.com


しかし調布に来たことない方には府中方面にまっすぐとか言われても少し難しいかもしれません。


ということで。
ここからは実際の写真も交えてナビしていきます。
ちゃんと準備したおれえらい。(マジで褒めて)


調布駅には改札口が大きいのとやや小さめなのと2つあります。
中央口と書かれた方にまず出てください。(大きい方の改札になります)



↑こういう感じの方です


で、改札出たら目の前にエスカレーターがあります。



↑これでジオフロント(地下)を抜け出して第3新東京市(地上)へ出れます(逃げちゃダメだ…!!)


エスカレーターで地上へ出るとこういう感じの風景になります。ちなみにサキエルはいません←





ここで右(北口)か左(南口)に分かれるんですが、正直サンスタへはどっちからでも行けます。
たぶんGoogleマップとかで調べればおそらく左(南口)から進むルートが出るでしょう。何故ならそちらの方がほんの少しですがサンスタに近いからです。
しかし今回はサンスタHPのアクセスと同様のナビで進めたいと思います。そっちの方が分かりやすいので。


続き。右(北口)に出るとロータリーがあってパルコが見えます。





ここから府中方面にまっすぐ進むんですが、とりあえずパルコに近づいていってください。
写真だとこういう感じです。



↑これさっきの地上出た時のやつ



↑その後に右(北口)に出たやつ



↑パルコに近づくやつ



↑ハイ、そこでストップ!!


この間の道をまっすぐ進みます。





進むと右手にミニストップとかみずほ銀行があります。
ちなみにお金下ろしときたい人はここで下ろさないと終了のお知らせです←
まぁもうちょい進むとファミマあります。そこについてもあとで触れます。



↑道路に出るので横断歩道渡ってそのまままっすぐ進みます



↑次の十字路までとにかくまっすぐ進みます



↑ハイ、一旦ストップ!!


ナビ的にはこの十字路を左に曲がりますが、目の前に駐輪場、右手にはタバコ屋とファミマが並んでます。








ここがサンスタから一番近いコンビニになります。
持ち込みたい人や買い足しに行きたい人はここで買うといいと思います。


そしてここ大事な補足ですが、サンスタのトイレは1つだけなので緊急時はここのファミマのトイレに駆け込んでください。徒歩2分もない距離です。


そしてもう1つ。
企画当日はサンスタ内は全面禁煙にします。(普段はロビーで吸えます)
で、喫煙スペースをサンスタの外に設けます。
で、ここで当日来てくれる方に1つだけお願いしたいのは、近隣が完全なる住宅街なのでサンスタ近辺の外では絶ッッッ対に騒がないでください。たむろもご遠慮願います。苦情きたら一発終了の可能性もあります。
これだけ唯一ルールとして守っていただければ有難いのでよろしくお願いしますm(_ _)m


がしかし。僕は喫煙者だし体力も年々落ちてきてるし(←)スタジオライヴも経験があるので知ってます。
スタジオ内に長時間いることは体力的にも精神的にもキツイです。
サンスタは数あるスタジオの中でも居心地の良さはズバ抜けて良いですが、今回の企画に限っては当日ポテコチーム、出演者、お客さんとわりと混み合う可能性十分にあるので(そこの対応についてはポテコチームでも練ってますがカバーしきれない場面があるかもしれません。でもがんばる。)
外の空気は必ず定期的に吸った方が身体にいいです。タフな人は別にいいと思います←


そこで!!
さっきの話に戻ります。





ここのタバコ屋の喫煙所近辺なら別に何しようが構いません。責任は取りませんが←
ここを1つの逃げ場として把握しておいてください。



さて、長々とすいませんでした。
ナビに戻りますね。もうすぐですよ。





これさっきの十字路です。
これ左曲がります。





次の十字路まで進んで右に曲がります。





この道をそのまままっすぐ進むと右手には、、、








ここがポテコのホーム!!
サンスタこと調布SUN MUSIC STUDIOです!!
こちらが当日の会場となります。
よろしくお願いします。








いやーーーー疲れた。
マジでこのブログ書くの1時間以上かかった。爆


でもこれなら皆迷わずに済むよね。
最高に楽しい祭りにしますんで重ね重ねよろしくです!
サンスタで待ってます!



本日の1曲:徒然モノクローム/フジファブリック

Fooly Coolly | - | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
サンサンサン
ども。こんばんは。
ポテコ結成以前からお世話になってる調布SUN MUSIC STUDIO(通称:サンスタ)で今回いつもの4/15企画やる事になりました。
むかーしこのブログでも紹介したことありますが、とにかく居心地バツグン音バツグンのスタジオでして、何につけても店主みんこさんの人柄、ここにサンスタというスタジオの全てが集約されます。
ズキと僕はポテコを結成する前からずっとここで音を鳴らし続けてきました。


そんな想い入れの強いサンスタで今回30回目の誕生日祝いをやらせてもらいます。歓喜!!
25歳からすっかり毎年恒例となった誕生日企画。
今回はポテコ初のスタジオライヴ企画、そしてこれまた初の昼イベント、そしてそして我々のホームである調布での開催ということで我々にとっても何とも未知数なイベントでもあります。
でもまぁぶっちゃけ皆が楽しめればそれでいいってだけの企画です。
てかおれが皆と呑みたいだけです(どーん)


入場価格は千円ポッキリ。ドリンク代とかないです。お酒の持ち込みも自由。そして出入りも自由。少し疲れたら調布の街並みを探索なんてのもオツですな(誰
スタジオ内でのアルコール販売、フードもしばたさおり、ポテコメンバー一押しのおつまみコーナーなどもあります。
要するにお祭りです。
自分の誕生日にかこつけて好きに呑んで楽しんでもらえたら最高です。


↓タイムテーブルはこちら

12:30〜OPEN
12:45〜レッチリコピバン
13:25〜July
14:05〜ドキュメンツ
14:45〜しんきろうのまち
15:25〜逃亡くそタわけ
16:05〜Teenager Kick Ass
16:45〜potekomuzin


たぶん少し押すと思いますが(スタートはオンで12:45から始まりますのでご注意)
遅くとも18時には完全撤収の予定です。
打ち上げ会場18:30から予約してるんで爆


ちなみにレッチリコピバンのメンバーは、


Ba.マツイヒロキ(potekomuzin,Satisfactions)
Dr.オサキリョウスケ(potekomuzin,July)
Gt.Kazuhiro Fumoto(July)
Vo.オサムアカバネ(NINJAS,Satisfactions,狂気)


となっております。
これがまた結構良い仕上がりで、中々面白いもん見せられると思うので早めに来れそうな方は是非〜


あっ、そうだ。
社長(ズキ)がブログで書いてましたがpotekomuzinの新曲DEMO集をね、この日から発売する予定です。(その方向でうちの社長が今鋭意製作中)


3rd ALBUMのREC直後(今年1月ぐらい)から作ってきた新曲達。
まさかの先に録り終わってる3rdより圧倒的に早くリリースしてしまうという、またしても音楽界に一石投じるポテコを皆様にお見せしてしまうかもしれません。まぁDEMOなんでそりゃ早いんだけど。
少し聴かせてもらいましたが社長Mixによる実験的意欲作の数々で非常に面白い音源となりそうです。まだポテコが見せたことない一面を色々覗ける作品だと思います。まだライヴでもお披露目してないのばっかなので。こちらもお楽しみに。また追ってアナウンスします!(頑張れ社長!)


当日サンスタへの道のりで迷う人続出の危険性があるのでその対策としてナビをね、次回ブログで書こうと思います。

では。


本日の1曲:神秘的/小沢健二
Fooly Coolly | - | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
バンドとは

ご無沙汰しております。

随分と更新してなかったなー二ヵ月ぐらいだけど。

なんかツイッター出来てからブログって立ち位置よくわかんなくなったなー、人のも自分のも。

本田翼も一年ぐらいブログ更新滞ってたからなー。

とりあえず僕は無駄に語りたい事が出来たらブログに書くことにしますね。

 

 

 

今日は去年11月に一緒に遠征回ったHELLO AND ROLLのライヴに行ってきました。

ベースみずきちのラストステージということで。

ライヴハウスでは稀にみる良い奴なので行ってきました。

 

 

 

ライヴは普通にいつものハローらしくてとても良かった。

メンバーラストのライヴって何か期するモノ絶対あるはずなんだけど。

どこか現実的な感じもしないし。(実際ポテコもダーヤマ脱退ライヴの時も全然実感なかったし)

なんか一周して振り切った感じで観てて清々しかったです。

良いバンドなので続けて欲しいです。てか続けろよ。また遠征いくぞ。

 

 

 

そんなハローのライヴ観ながら僕は妄想してましたね。

もしもポテコでまたそういう事態が起きたらどうなるんだろうみたいな。

よく妄想するんですよ、もし自分死んだら皆どう思うんだろうみたいなやつ。

断っておきますけど僕は全然病んでないですからね。するだけのやつね。ライトなやつね。

 

 

 

今現在、ポテコはでぃるさん入ってからもうすぐ2年近くで凄く良い状態だしお互いがお互いを気遣いあってて普通に飲みにもいくし非常に良い関係だなって思ってるんですけど。

 

 

 

ほんの些細な事でね、人ってぶつかるじゃないですか。

大局的にみれば全然何てことないのにそこだけに目がいっちゃって良くない方向にいっちゃうっていうパターンのやつ。

後から学ぶパターンのやつね。

 

 

 

結構ポテコは20代で売れなかった分、そこの部分は凄く培えたなっていう自負はあるんですよ。

バンドの精神的な部分っていうかね。

全然上手くいかないことだらけだったけどそれが今にして活きてるし、だからこそ今現在何の衝突もなくバンドを純粋に楽しめてるなーっていうのはありますね。

だから上手くいかなかったことも全部自分達の中でアリに出来てるんですよ今の時点で。

そこはメンバーや周りの人達や環境に恵まれたなーって思うし、とても感謝してます。

ま、その気持ちを次のアルバムに込めたんですけど(乞うご期待)

 

 

 

少し飛びますけどレッチリってもう何やってもレッチリみたいなとこあるじゃないですか。

一番最近のアルバムにしたってポストロック色強いけどちゃんとレッチリってわかるし。

一番ファンの賛否両論が分かれるアルバムとして有名な"One Hot Minute"にしたってレッチリってわかるし。(僕は好きです)

 

 

 

その要因ってボーカルのアンソニーだったりフリーだったり実はチャドだったり。

かつてはジョンだってそうだったと思うんですよ。

でもメンバーが変わってもレッチリはレッチリだった。

それって残ってるメンバーの個性も勿論あるんですけど、バンド自体に尊さみたいなモノがあるからなんじゃないかって思えてきたんですよね。

バンドって人がやるものだけど続けていくうちに人ではない何かが存在し始めるんじゃないかって最近思えてきたんですよ。

バンド自体に生命が宿るっていうかね。

そりゃそうだろって話なのかもしれないですけど、でもそれってやっぱすげーことなんじゃないかって思うんですよね。

だってそれはもうチームを超えた社会を超えた何かじゃないですか。漫画のやつじゃないですか←

こればっかりはもうバンド自体が培ってきたモノがそのまま空気として出てるとしか思えないですよ。

続けてきたからこそのものだと思うんですよね。

 

 

 

人間、何が一番難しいって継続させることが一番難しいと思うんですよね。

大体のことは決心したつもりでも三日坊主で終了するし。ちゃんと出来る人もいるけど。

いつのまにか忘れてしまうし。

だからミュージシャンは忘れたくない事を音で表現して記録に残すんだと思うんですけど。

それでもいつか続けられなくなってしまうこともあるんだろうし。良くも悪くもね。

 

 

 

だから今あることをね、当たり前だと思っちゃいけないと改めて思いました。ハローのライヴを観て。

バンドって本当に難しいもんで楽しくて始めたはずなのにいつのまにか神経質になってどんどん楽しくなくなっていくっていう大概のバンドマンがそこに一回ハマるんですけど。皆、目的は同じだったはずなのに。

それはもういいだろうと。20代で散々経験したから。

多少上手くいかなくても自分の気持ちだけは自分で決められるからそれ次第でどうにでもなるだろと。

好きなメンバーで好きな音楽まだまだやりたいんでね。

一番大事なことは結局そこだから続けたいと思えるうちは続けてみることが絶対正解だと僕は思います。

それが良いか悪いかとか人がどう思うかとか別に関係ない。自分がやりたいかどうかだけ。

そういう気持ちが人を巻き込んでいくと思うし。

そうしていくうちにバンドが色濃いものになって段々尊いものになっていくんだろうし。

継続は力なりっていうけど。本当にそうだなと。

幸い僕は高1からバンドを始めてから唯一飽きずに続けられている事がバンド活動なので。

バンドとはチームだから。自分自身はそのチームの一員だから。

自分がやれることをやれる限りやり尽くしたいですね。

 

 

 

ん?まとまってんのか?

まぁ言いたいことは大体書いたんで終わります←

 

 

 

明日は昼にワタナベタカ氏とリズム練して夕方社長んとこで宅録して夜はレッチリスタジオ。

我ながら中々グルーヴィーな一日。

あ、そうそう。4/15にいつものやつまたやりますんでよかったら遊びに来てくださいね。

そのへんのことも今度また書こうかな。

では。

 

 

 

本日の1曲:Right On Time/Red Hot Chili Peppers

Fooly Coolly | - | 02:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新曲量産体勢

今日はポテコスタジオからのお馴染み調布一休コース。
これが1週間で一番の楽しみなのであります。




↑今日はお馴染みの面子に加えてTeenager Kick AssベースのムラTが来てくれました



レコーディングが終わってからスタジオではひたすらセッションして素材を生み出し、それをズキが新曲としてある程度形にして持ってきて、それを改めて3人で合わせて曲として形を成していくという繰り返しです。



面白いぐらい今のバンドの状態が曲に現れますね。
どれもこれもすこぶる良い感じ。
8年バンドをやってきてもはや何をやってもポテコになるという自信と強みがあるのでもうなんでもアリですよ←
飽きる暇もないわ。



あと今日はベースの音作り、個人的にかなり良い音が作れました。
サンズアンプはサンズアンプの音にしかならないって言ってる奴をねじ伏せる音が作れたので順次ねじ伏せていきます。
サンズの肝はドライヴだなーやっぱ。




↑我がベース音の肝。ワウはオマケ。



明日はポテコ3rd Album MIX2日目。
こちらも順次練り上げていきますよ。
震えて待て!!!!

 

 

 

最近は専らどうでしょう観てレッチリ弾いて飽きたら桃鉄やって寝る生活です。

好きなことが3つ以上あるとさすがに充実感がすぎるわ。つまりは至福。




本日の1曲:Dark Necessities/Red Hot Chili Peppers

Fooly Coolly | - | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
どう考えても

最高のアルバムになりそうです
ポテコ3rd Album MIX初日でした





レコーディングエンジニアの石川さんとは約4年前にリリースした2nd Album"効率のいいあきらめかた"からずっと二人三脚でやってきた妥協レコードチームのサウンドの要であり柱であります←勝手に加入させたけど
勿論今作もタッグを組んで鋭利製作中であります


初めて具体的なコンセプトと裏テーマを立てて臨んでいる今作
詳細はリリース後にでも自己満的に語らおうかと思うけど今作は自分達にとって非常に大きな意味を持つアルバムです

 


"バンドの歴史を音に刻む"という意識をメンバー全員で共有してレコーディングに臨み、じっくり時間をかけて積み上げてきました
録音が終わった今、残るはMIX作業、マスタリング作業、パッケージングなどなどまだゴール折り返し地点まできた段階ですが
今日ミックス作業開始して早く完成させて聴きたいという想いがじわじわとゾクゾクと込み上がってきたのでなるはやで完成させますね
今年の夏ぐらいに出せたら最高だなー
そしたら寒くなる前にツアー回れるなー


もう一回言います

 

 

どう考えても最高のアルバムになりそうです(ドヤ顔)

 

 

乞うご期待あれ
 

 

 


本日の1曲:Sir Psycho Sexy/Red Hot Chili Peppers

Fooly Coolly | - | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/29PAGES | >> |