12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 「せーの」の合図で | top | ロープー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
VAKI☆VAKI vol.2



2日経ちましたがバキバキありがとうございました!!
沢山の方が来てくれて率直にホッとしてます。
色々な面含めて総合面では"大成功!!"とまではいかないまでも"成功!"と言っていいのかな。たぶん。
ひとえに来てくれたお客さん、ベースメントバー、出演してくれたバンドのおかげです。
本当にありがとうございます。


前回今年4月にやったバキバキ1は僕はブッキング少し手伝ったぐらいでほぼアンドレに任せてたんですけど、
今回は8割方僕が考えて立ち上げました。
勿論アンドレも案出してくれたし僕の考えに異を唱えることもなく色々動いてくれました。
関係ないんだけど、実は当日イベント中盤でアンドレが「テキーラ入れるか?!」って言ったんですけど、
全力で阻止しました。←


で、今回バキバキやってみてまず思ったのは、
やっぱり"VAKI☆VAKI"っていうイベントの顔はアンドレだと。
その支えに僕が回るというこのバランスが"VAKI☆VAKI"の個性なのかなと思いました。


少なくともイベントとしてはとても良いイベントが作れたと思うので企画者としては一つ自信に繋がりました。
次のバキバキの構想も幾つか浮かんだし、色々試してみたいことも思いついたので次はさらに進化したイベントに出来ればと思います。




まぁそういうわけでここからは今回のバキバキレポを長々と書き綴って行こうと思うのでヒマな方は読んでってください。




トップバッター:狂気

まず言っていいですか?
昨日の狂気は良い狂気でした。←
いやホントね、正直ここがコケなければ今回イケると思ってたんですよ。
だってアンドレホームに弱いんだもの。爆
相当プレッシャーあったと思うんですけどよくやってくれました。

狂気は個人的に手伝ったこともあるしわりと長いこと観てきてますけどなんやかんやで進化してるんですよね。なんやかんやで。
大体MCがコケなきゃ良いんですよアンドレは。
「バキバキピーポー」とか「バキバキスト」とか名言生まれたみたいなツイートもありましたけど、
アレはアンドレが言ってるからなんか妙な鮮度があって面白いだけであって言ってる内容自体は基本クソしょうもないですからね。爆
まぁそういったとこもアンドレの味なのかなと最近ようやく理解できてきましたね。
これアンドレのレポやん。←

なんにせよ"センスの塊"ってアルバムを出していよいよ狂気もバンドとして自信がついたんだと思います。芯の部分で。
それが音にも雰囲気にも表れてた。
MCで言ってた12/4の狂気ライヴも出来れば皆さん行ってあげてください。
相当スペシャルなことやるらしいので。僕も出来れば行こうと思います。



2番手:potekomuzin

ダブルヘッダー一発目。
個人的には今年一番手応えのあるライヴが出来ました。
あとのサティスの事何も考えずにフルスロットルでやりきりました。
狂気が良い流れで繋いでくれたので何としても爆発してここでイベントを確実なモノに決定付けたかった。
なので演奏やりきって終わって楽屋帰った時は本当に今年一の充実感がありましたね。
あの時点でビール呑めたら最高だったのに。←

サウンドや演奏自体は映像振り返った限りでは練習の成果が出せたと思います。
サウンドももう少し詰めれそうだし、ノリの部分はもっともっと詰められる。
とりあえず11月はひたすらグルーヴ鍛錬に励もうと思います。

次のポテコライヴは京都。盟友アミア企画「サンマソニック」
去年に引き続き出場。そしてアミアと並んでサンマソニック最多出場です。←
メンツ最高なので関西圏の方は是非。今年ポテコ関西行くのはラストです。
都内ライヴはHPにもUPしましたが12月に2本決まってます。
12月にはさらに進化したポテコがお見せできると思うので都内の方も是非。


<SETLIST>

1.まぐれ気まぐれ
2.赤面ソング
3.降水確率10%
4.びっくりマーク
5.前途多難
6.まてんろう
7.check
8.からくりがある
9.R.G.R





3番手:THIS IS JAPAN

まず言いたいのは今回のバキバキメンツ考える上でサティス、ポテコ、狂気っていうダブルヘッダーっていう発想から始まって、
そこに+2バンド活きが良いのを加えたいっていうのがあったんですけど。
そこで真っ先に思い浮かんだのがTHIS IS JAPANでした。
そしてその判断は間違いなかったと思います。

彼らは素晴らしい。
リフ、メロディ、リリック、リズム、全てが高い水準で装備されている上にキャラクターも良い。
何よりバンドとしての"チーム感"があって良い。
そのチーム感が強固になって広がっていけばこの先本当に上にいくんじゃないかと思います。
本当に大好きなバンドだからこれからも切磋琢磨していきたいです。

あと個人的にベースの彼、かなり好き。
ディスジャパの売りの一つはリフのハーモニーだと思うんだけど、
第3のメロディラインとしてベースが楽曲をアレンジしてるセンスが凄いですよアレは。
彼はこの先さらに凄いベーシストになる気がします。

ライヴ自体は機材トラブルもあったけど後半"アメリカのカー"からの流れが凄く良かった。
エネルギッシュでイベントに爽やかな空気感を吹き込んでくれました。
序盤の新曲も良かった。観る度にサウンド、グルーヴ共に進化してるので負けてられないですね。
終演後に来年長尺で一緒にやろうって話したので実現させたいと思います。




4番手:BLUE

出ましたね。いやー出ました。今回も!
やっぱね、パーティーモンスターでありパーティークラッシャーですよBLUE靴w
あんなエンターテイメントどこ探したってないですよw
ホントあの後出るの嫌でした。爆
途中でお腹いっぱいになるじゃないですか?もう食べられないって思うじゃないですか?
そんでも食わすんですよBLUE靴蓮w
で、散々食わすだけ食わして最後の最後に尾崎かましてそっと爽やかな空気入れるって時点でね、もう反則なんですよw
初見の人達も巻き込むあの凄まじいエネルギーはもはや事件でしょう。
BLUE靴魯戰ぅ咫爾気鵑鯢頭に3人の人柄が音に表れてて最高です。本当に好きだ。
本当にありがとうございました。そしてごちそうさまでしたw




トリ:Satisfactions

ダブルヘッダーニ発目。
すいません、あんま覚えてないです。爆
もうね、1曲目からキツかったんですよ正直。実際1曲目のイントロからビックリするミスしたし。
ポテコの疲労とね、BLUE靴任腹いっぱいになっちゃってw
もうやんないですダブルヘッダー。←

でもお客さんの雰囲気が良かったから楽しんでやれました。
極限の状態でグルーヴを守りながら耐えるライヴが出来たので自信に繋がる気がしますw
CDも沢山の方が買ってくれたみたいでホント感謝です。
新曲も評判良さげで何よりです。

サティス次のライヴは12/1(月)新宿JAMです。
出番ちょい遅めだったかな。また詳細分かったら載っけます。


<SETLIST>

1.Lights Out
2.Microphone
3.マーティ・ドク・デロリアン
4.(新曲)
5.No Satisfaction
6.誰だ
7.抱きしめたい

EN.かっこいい





ハイ、こんな感じですかね。ホント携わってくれた皆さんありがとう!
そしてここまで読んでくれた皆さんもありがとうw
長々とすいません。
また来年"VAKI☆VAKI vol.3"やるのでその時はよろしくお願いします。m(_ _)m





↑終演後の打ち上げにて。一番右の狂気ドラマー古川大先生の距離感が個人的にツボです。




本日の1曲:フランケンシュタインズロンリーハーツクラブバンド/THIS IS JAPAN
Fooly Coolly | - | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 12:04 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL: