09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< グルーヴィン | top | 未来崇高倶楽部 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
サティスちゃんインダハウス
サティスちゃん今年初ライヴありがとうございやした!
いやーーしかし空いちゃったね。かなり。
3月の名阪ライヴキャンセルもあったけどまぁインフルばかりはどうしようもないしね。
でもその借りはいずれ必ず返しに行くので名阪の皆様方今しばらくお待ちください。


なんにせよ去年末の12月のジャム以来か、サティスのライヴは。
ちなみに今日の企画に呼んでくれたロイジプシーとはその時に対バンしてっていう流れで今回に至ります。
いやーホント楽しい企画だった。ロイジプシーに感謝!!


んで久々のライヴはとにかく楽しくやりきれたので今日は満足!!
ド頭からテンション上がって力入りすぎて全然繊細さのない勢い任せのプレイになっちゃったけどw
ってことで今日はバイブス勝負のプレイをしましたね。
いいんだ、今日は。楽しかったし。明日からまた対策練るから。



あ、そうそう、今更だけどブログのタイトル変えたんすよ。
「とあるベーシストの変拍子」ってタイトルで5,6年やってたんですけど、
そもそもおれ「とあるシリーズ」別に好きなわけじゃないし"変拍子"も差して好きなわけじゃないしってさっきふと思って。爆


少し気分変えたかったのもあったので「マツイヒロキのグルーヴ開拓日誌」ってドストレートなタイトルにしてみました。
今後はベース、音作り、演奏、グルーヴ、音楽全般について日々の発見を記録として書いていこうと思います。
あと時々告知もします。し、美味い家系ラーメンの写真も載っけます←
わりとこまめに更新はするつもり。です。今んとこ。




せっかくだから早速グルーヴ開拓日誌第1回として今日のライヴでの音作りについて少し書こうかな。
サティスにしろポテコにしろ自分のベースの音作りの肝となるのはこの子達です。




まずはサンズアンプ。これはもうベーシストなら誰でも知ってますね。
これはちなみに一般的なサンズとは違って今流行り(らしい)モディファイのサンズなんですよ。
モディファイってのは簡単に言えば"改造版"って捉えればいいのかな。
おれあんま機材とか材質とかわからん←

実は3月末のポテコのライヴでそれまで持ってた一般的なサンズとチューナーとトーンハンマーのアダプター紛失しちゃって、
結局出てこなくて楽器屋で出会ったのがこのモディファイのサンズアンプです。

いやもうね、まず言いたいのはこのモディファイサンズとにかくクソ高いんすよ!
56000円もするんですよ?ヘッドかよ!って話でしょ?
最初値段聞いた時は絶対手出せんわって思いましたよそりゃ。

でもこれは一般サンズとも弾き比べたけど全然違います。
ざっくり言うとサンズの弱点が全部なくなった感じ。
サンズ持ってる人はわかると思うけど一般的なサンズのMIXツマミってあるでしょ?
アレがドライヴレベル(サンズのレベル)とクリーンレベル(竿のレベル)の2個に分かれてるんです。

これがね、もうホンッッット超最高!マジで超最高!
この2個のツマミに細分化したことによって、いわゆる"サンズはサンズの音にしかならない"と言われ続けてきた世のベーシスト達のサンズアンプに対する印象を余すことなくぶち壊しましたね。
要はベース本体の性質を存分に活かせつつサンズの質感を得られるっていう最高のサンズアンプなのです。
試奏して20分で買ったもん。一発で気に入った。
やっぱ機材欲には勝てないわ。なんか運命も感じたし(なにいってんの)
でも間違いなく買いです。12回払い金利無料だったんで←

ということでサンズは"ベースに厚みと輪郭を持たせるため"に使ってます。
っていうかおれはサンズのそこが一番のお気に入りっすね。
サンズの質感が最高に好きです。
音作りの"型"を作るための一台です。

ちなみに一番左下のツマミはアウトレベル。要は出力の音量です。
これもモディファイにしかついてないですね。
自分はこのツマミを全体のボリュームとして捉えて設定してます。





そんじゃ次、これはアギュラーのトーンハンマー。
サンズ同様プリアンプとしても使えますが、自分の場合はサンズで型を作ってるので音を細かく整える役割で使ってます。
いわゆるイコライザー的な使い方ですね。
ちなみに繋ぎ方としてはベース→チューナー→サンズ→トーンハンマーとなってます。
明日ポテコスタジオだから実際に並べた写真UPしますね。

まずこいつは繋いだだけでヌケが良くなります。
あとベースの一番美味しいローミッドを的確に持ち上げれるのが気に入ってますね。
コレを繋いでからどこのハコでも勝負出来るようになりました。
あとはローのツマミが"スーパーロー"とか言うらしくて言葉のとおり上げればめっちゃくちゃ低域出ます。
ツマミ12時でも全然出ますね。
ジャンルによってはバリバリ上げても面白いと思います、ヒップホップとかレゲエとかね。

ちなみに右下のAGSってのが歪みなんですけどこれはね、正直ちょっとまだ使い所がないですw
でもナチュラルな歪みというより機械的な歪みな感じなのでこれ使ってアレンジとかやっても面白いなーとか最近思いますね。
なんか構築していく系の曲で使えそう。
くるりの"惑星づくり"的な感じの。

今回の設定では写真見てのとおりローを抑えてローミッドを上げてます。
ゲインも抑えてますね。
これぐらいにしとかないとサンズ繋いでる分、音が歪みすぎちゃうので。
歪みすぎちゃうと必然的に余分なミッドが出るのでそこは意図的にカットってな感じです。




ってなわけですっかり長くなってしまったけど、
今回の音作りの設定をまとめると、

"サンズで輪郭を作ってトーンハンマーでベースの美味しいポイントを出す"

って感じです。
たぶん今日ライヴで前の方にいた人達は気持ちよかったと思うんだよね。
中音かなりスッキリしてたしベースの気持ちいいポイントを堪能できたと思うので。
ただロー減らしてる分後ろの方にいた人達はたぶん物足りなさを感じたとも思います。
でも今日は前の方にいる人達に照準合わせて作ったんで正直今日に関しては後ろにいた人達は知ったこっちゃないです。爆
もうそこに関してはバイブスで持ってくしかないんでね。
今日は踊りましたよ。案の定序盤でバテましたけど←




ヤバイ、もうこんな時間だ。
もうちょいシンプルな日誌にしたいなぁ。
じゃあ今回は最後にこの写真貼ってシメたいと思います。




↑ライヴ後、STAn初期メンバーとパシャリ。



いやーーーーー今西さんホンッッッットびっくりしたわ!!!
今日サティス観に来てくれました。
マジでずっと会いたかったんだよ。
だっておれただのSTAnファンだから。

ちなみにkygは10年以上ぶりに会ったそうです。
よっきゅんさんも相当久々だったとか。

いやー超レアだね。貴重な体験ができた。
超良い人だった。また会いたいです。



本日の1曲:愛に逆らうな/STAn
Fooly Coolly | - | 03:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 03:40 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL: