10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
どう考えても

最高のアルバムになりそうです
ポテコ3rd Album MIX初日でした





レコーディングエンジニアの石川さんとは約4年前にリリースした2nd Album"効率のいいあきらめかた"からずっと二人三脚でやってきた妥協レコードチームのサウンドの要であり柱であります←勝手に加入させたけど
勿論今作もタッグを組んで鋭利製作中であります


初めて具体的なコンセプトと裏テーマを立てて臨んでいる今作
詳細はリリース後にでも自己満的に語らおうかと思うけど今作は自分達にとって非常に大きな意味を持つアルバムです

 


"バンドの歴史を音に刻む"という意識をメンバー全員で共有してレコーディングに臨み、じっくり時間をかけて積み上げてきました
録音が終わった今、残るはMIX作業、マスタリング作業、パッケージングなどなどまだゴール折り返し地点まできた段階ですが
今日ミックス作業開始して早く完成させて聴きたいという想いがじわじわとゾクゾクと込み上がってきたのでなるはやで完成させますね
今年の夏ぐらいに出せたら最高だなー
そしたら寒くなる前にツアー回れるなー


もう一回言います

 

 

どう考えても最高のアルバムになりそうです(ドヤ顔)

 

 

乞うご期待あれ
 

 

 


本日の1曲:Sir Psycho Sexy/Red Hot Chili Peppers

Fooly Coolly | - | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
爆発力

ポテコ始め@新宿JAMありがとうございました!

出番一個前のTeenager Kick Assが怪演してたので否が応にも気合入りましたね。

新年一発目からブチ上がれました。

呼んでくれたBlack Rat Hibiscusに大感謝。

次は個々の新バンドでまた対バンしようね。

 

 

 

Live SETLIST@新宿JAM(2017.1.6)

 

1.automatic shortstop

2.フラットコミュニケーションスランプ

3.ポップソング

4.前途多難

5.CHAMPION REBIRTH

6.からくりがある

 

 

 

漫才とバンドのライヴは非常によく似ていると最近頻繁に思います。

例えばM-1だったら持ち時間4分の使い方だとか掴みだとか終盤の畳み掛けだとか。

ライヴだったら持ち時間30分の使い方だとか1曲目ノリやすい曲だとか終盤キラーチューン連発するとか。

もっと大枠で言えば漫才の言葉のチョイスなんかはバンドの曲だったりフレーズだったりで、間とかは曲の繋ぎとかMCとかね。

非常に参考になるんですよね。漫才。

印象度がね、やっぱ違うんですよ、それぞれ組み立て方によって。

 

 

 

シュールな漫才って短期決戦にめちゃくちゃ不向きじゃないですか。

POISON GIRL BANDとか。馬鹿よ貴方はとか。

僕大好きなんですけど。10分とか20分とかずっと見てられるし。

 

 

 

一方でお笑いのショーレース見てると、テンポが速くてボケとツッコミの掛け合いが凄い漫才ってやっぱ派手で目立つじゃないですか。

観てる側が勢いに飲み込まれてく感じ。

いわゆる"爆発力のある漫才"ってやつ。

こちらのタイプは短期決戦には凄く向いてるけど、10分以上とか長い時間ってなってくるとまず無理だと思うんですよね。僕の場合はですけど。

たぶん疲れちゃうな。

 

 

 

これらをバンドで考えるなら持ち時間30分のライヴってね、物凄い短期決戦なんですよ。

大体普通のバンドで入場SEやMCも入れて5~7曲ぐらいですかね。

(勿論時間押したら減点対象です←)

 

 

 

で、この30分でバンドの良さを知ってもらうために世のバンドマンはセトリやらMCやら曲の繋ぎやら毎回あれこれ色々凄く考えるんですけどコレが非ッッッ常に毎回難問です。

やっぱ"印象度"が全然違うんですよ。組み立て方次第で。

セットリストもそうだけどライヴの掴み方とか繋ぎとか終盤の持っていき方とかその日のコンデイションやテンションだったりとかで。

これはお客さんは勿論、演者側もそうです。

30分終わった時にね、わかるんですよね。

"今日はやったったわー"とか"あー今日はイマイチだったなー"とか。

双方が感じると思います。どう受け止めるかは人それぞれだけど。

 

 

 

ポテコの場合、持ち曲も全部で40曲ぐらいあるし新曲もどんどん出来てくるし、曲もそれぞれ系統が違うし。

やり慣れてる曲もそうでない曲もあるし。

新曲もどんどんやりたいけど昔の曲もやりたいし。

初めて観るお客さんの事も昔から観にきてくれてるお客さんの事も考えるし。

ワンマンぐらい時間あればあれこれ色々出来るだろうけど30分じゃ短すぎて詰め込みきれない事も多々あるし。

イベントのバンド数が多けりゃ25分なんて日もざらにあるし。

毎回セットリスト組むの楽しみなんだけど、どうやったらこの短期決戦で多くの人達に伝わるのかってのを凄く考えます。

そしてライヴを経ていく毎にまた試行錯誤していくわけです。

 

 

 

毎回のライヴでどうしてこうも印象が変わるのか。

何がどうなると良かったり良くなかったりするのか。

 

 

 

僕は昨日のライヴを経てようやく気付きました。

 

 

 

 

 

 

答えは"爆発力"の有り無しです。

 

 

 

 

 

 

昨日のポテコのライヴね、本当良かったんですよ。やってて。

やりながら"あー今日伝わってるな"って手応えが凄いあったんですよね。

勿論お客さんも温かかったんでやりやすかったんですけど。

めちゃくちゃ爆発できたんですよ。

 

 

 

で、"何で爆発できたか"を考えたらセトリとか掴みとか間とか終盤持ってくのとか総合的に上手くハマって、それを変に冷静にならずに凄い良いテンションでやれたんですよね。

この"変に冷静にならずに"ってのが凄い良かった点だと思うんですけど。

コレ結構最近のポテコで上手くいかなかったライヴの問題点の正体だったなって思います。

 

 

 

爆発力のあるバンドってね、今凄い多いんですよ。お笑いもそうですよね。

若いバンドで勢いのあるバンドめちゃくちゃいますからね。

でもね、その持ってる爆発力をフル稼働出来ずに不発で終わるライヴ必ずあるんですよ。
これは先輩バンドでもあります。

イマイチ爆発出来なかったなってライヴ。

元々爆発力あるだけに不発した時に上手くいかなかったように余計に感じちゃうってのもあります。

演者もお客さんもね。

 

 

 

昔はね、わかんなかったんですよ。

勢いのままに突っ走ってたから。

勢いあると自然発生で爆発したりするケース多いですけど、それがハマらないパターン必ず出てくるし。

そんで勢いじゃない部分で勝負したくなったりするんですよ。

そこで一度立ち止まってまた動き出した時、持ってる武器は増えてるんだけどかつて持ってた勢いを無くしてたりするんですね。

ポテコがまさにそうだったんですけど。まあ大人になったってことで済ませますけどそこは←

 

 

 

武器が増えて色々と見えてくるだけにあれこれ気を取られて無駄に冷静になっちゃうパターンとか本当よくありますよ。

冷静でいることは演奏する上でとても大事なんですけどね。ベースは特に。

あと昔に比べて体力も衰えたから(←)勢いで持っていきたい所で持っていききれずに終了ってパターンも本当よくあるし。

だからライヴでは緩急で勝負して130キロのストレートを150キロに見せてるんですけど←

力勝負でいかなきゃいけないところは気合で押し切らんといかんのですよ。

元オリックスの星野だって中日の山本昌だって普段は力抜きまくってるけど勝負所のストレートは力強かったわけで。

そう考えると元中日エースの今中とか最強でしたけどね、90キロ台のスローカーブと140キロ後半のストレートってマジハンパねー組み合わせだわ。緩急が過ぎるわ。

 

 

 

……話戻しますね。

元々爆発力を兼ね備えておきながらフル稼働できなかった時、どこに原因があったのか。

昔から色々考えては試行錯誤してきたんだけど、今みたいに理論的に考えてはなかったし中々見えてこなかったし問題点の特定も出来なかったし。

でもようやくね、どうしたらより良いライヴが見せられるか、爆発できるかってのが明確に見えてきました。

自然発生ではない爆発を。今なら出来ると思います。

ようやく短期決戦攻略の糸口を掴んだ実感があります。

 

 

 

ちなみに爆発力のないバンドが良くないとかそういう話ではないです。

僕は独自の世界観を持つ個性的なバンドが大好きだし(お笑いもそうだし)

どういう流れでどう最終的に持っていって総合的にバンドをどう見せるのか。

そこはどのバンドも一緒だと思います。

 

 

 

やっぱね、続けるもんですよ。バンドは。

上手くいかないことの方が圧倒的に多いけど。

こうやって一つ一つ答えを見つけていく喜びがね、たまらんのですよ。

まだまだ伸び盛りです。遅咲きのpotekomuzin、今後ともよろしくどうぞ。

 

 

 

ってことでなんか気付いたら1時間以上PCの前にいるのでここらで強制終了します。爆

 

 

 

次回ライヴは1/13(金)下北沢ERA

或る感覚のロンくん企画にお呼ばれしました。

ロンくんに会うの久しぶりだなー対バンも初顔合わせが多くて楽しみ。

出番は久しぶりのトリ20:55〜

はたしてポテコは爆発できるのか?!乞うご期待!!

 

 

 

本日の1曲:タイガーアイ/STAn

Fooly Coolly | - | 04:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
あけまして
おめでとうございます。
例年通り実家に帰っております。
特に何をするでもなく、こたつに入って流れっぱなしのテレビを時々チラ見したりしてのんびりと過ごしております。
あ、昨日は兄貴と初売り巡りしましたね。
服と3DSと桃鉄の新作を買いました。
おかげで中々の充実感も得てます。



いきなりですが僕は活字が苦手です。
漫画は好きですが文庫やら新書やらが中々読めません。
単純に活字だけの本を読み慣れてないせいか集中力が続きません。
あと読むスピードも異常に遅いので。(漫画もじっくり読む派)
最後まで読み切れたのは今までの人生でたぶん数冊レベル。



でも読みたいし読めるようになりたいという意欲だけは年々増えてきたので今回の帰省に合わせて本を一冊だけ持ってきました。



それがこちら。



半年前ぐらいにズキにもらったオードリー若林さんのエッセイ本。
読もう読もうとは思ってたんだけどタイミング逃し続けて今回ようやく読めました。
そしてつい先程読み終えました。



なんだろう、なんか胸がスッとしたこの感じ。
活字本を読み切れた達成感と本の内容に幾つかの感動を覚えたのとで気付いたらブログ書こうってなってました←
このへんがやっぱ単純だよなー笑



本はいいですね。
エッセイぐらいしかほぼ読み切れた事ないんだけど読みきった時に経験値として培われる感じが。
今年は例年よりは本読みたいなーと思いました。
100冊読む!とか掲げても性格的にムリなのわかってるんで(飽きっぽいので)
とりあえず毎月1冊は読めたらいいなー。



そんなこんなで相変わらずこんな自分ですが今年もどうぞよろしくお願いします。
ライヴ始めは1/6(金)新宿JAM
ポテコは6番手20:50〜
新年早々グルーヴまみれで呑みまくりましょう。



本日の1曲:Week End/星野源
Fooly Coolly | - | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
MOODY
何かを得ようとするんじゃなく
何かを返そうという心構えじゃないと
本当は何も得られないのかもしれない


2016年
沢山のことを疑問に感じながら
沢山のことに気が付き
沢山のことを学んだ1年だったように思えます



まだまだこのバンドで存在していたいので来年も頑張ります







あ、12/30ポテコ納め、来てね
カッコいい新曲やるよ〜
Fooly Coolly | - | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
LIVE LIVE LIVE!!!!!

ポテコのライヴが待ち遠しい。

12月はライヴ2本。

是非ポテコ納め、来てくださいな。

 

 

7月からほぼ月1ペースで継続してきたRECも6日を消化しました。過去最長。

年内にあと1回REC入って録りは終了。来年頭からMIXをじっくり時間かけて詰めてく予定。

これもねー、再三言ってますけど相当良い感じですよ。早く聴かせたいし届けたい。

歴史を刻み込んだ1枚に仕上がりそうです。

早ければ来年夏頃、世に送り出します。

もうちょい気長に待っててくださいね。

 

 

やっぱ色々考えたんだけどベースのプレイスタイルを昔のスタイルに戻そうと決めました。

たぶんその方がおれらしいし、おれのベースが好きだって言ってくれる人はそっちを求めてるんじゃないかと勝手に決めつけました←

サポートはサポートでね、どっしりスタイルで。

両刀でいけたらなと。

ただ昔のプレイスタイルに戻す為には多少リハビリが必要で(体力がジジイ並みに衰えてるので←)

少しずつ準備していこうと思います。

今度のデイジーバーは片鱗見せれたらいいかな。

大事なのはスピリットですから(キリッ

 

 

昨夜、新曲"フラットコミュニケーションスランプ"のDEMOがYoutube上でアップされました。

ライヴでの雰囲気と全く別物で、リズムに関しては全てズキによる打ち込み。

これ聴いてライヴで生の良さを体感してほしいです。

 

 

 


超かっけー

Fooly Coolly | - | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
オルタナファンク

新宿Marbleありがとうございました。

早瀬王フェス、強者共の共演で良い夜でした。

ポテコも久々に沢山のお客さんの前でやれたのでめっちゃ気持ちよかったーー!!

良い感じに炸裂できました。

 

 

 

<SETLIST>

 

1.アタリ

2.フラットコミュニケーションスランプ

3.中級者同盟

4.check

5.CHAMPION REBIRTH

6.ポップソング

 

 

 

着実に確実にグルーヴ感が増していってる。新曲も昔の曲も。

最近は昔の曲もガンガンやってます。

ちょうど1年前、ポテコがライヴでやろうとしてたのは"30分映画を見せる"ライヴ。

だからMCもなく拍手を入れる間も作らず淡々と自分達の世界観を作り上げることだけに集中してたんだけど、

最近のライヴは、その時に会得したオルタナ感プラスαで、もう一度"踊れるポテコ"をやろうとしてます。

だからポップソングとかアタリとか効率〜の頃のアルバム曲とかもガンガンやるし、前途多難とか横ノリのもやります。

最近出来た新曲"フラットコミュニケーションスランプ"なんかは、昔からのポテコならではのダンスミュージックの最新型グルーヴと自負してます。

タテのグルーヴとヨコのグルーヴを組み合わせたこの曲こそが今のポテコの新しい武器"オルタナファンク"なのです。かっちょいー←

 

 

 

ということで、これからもガンガンフロア揺らすライヴをやっていくので是非ライヴ遊びに来てほしいです。

今、間違いなく過去最高にイイです。

タイミングOKな時に是非!!

 

 

 

あと全然関係ないけど、先月のライヴから今後ポテコのライヴではSTAnのバンTを着ることに決めました。

理由は、俺たちは踊れる3ピースバンドだぜって意思表示と、STAnをより多くの人に知ってほしいという想いと、いつかポテコとSTAnとで2マンが出来るようにっていう願掛けです。

最後のは奇跡に近い確率だけど。イエモンより確率低いよなー笑

 

 

 

今の世の中にこそSTAnのようなバンドが必要だとマジで思います。

こんなかっこいい3ピース、そうそういません。

STAnマジヤバイ。

 

 

 

 

 

 

Fooly Coolly | - | 03:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ブンブン

初めて聴いたのはたぶん"ON"の頃だったと思う。当時高校生だったかな。

MTVかなんかでフジロックの"KICK IT OUT"の映像を観て。

一発で大好きになったバンド。

 

 

 

 

 

 

いつだったかのCDJとサマソニで2回ライヴ観ました。

物凄い音圧に圧倒されたのを覚えてます。

どちらのライヴも最高だった。

 

 

 

"忘念のザムド"というアニメがあって。

OPを2クールに渡ってブンブンがやってるんだけどそれも大好きな曲でした。

映像ともマッチしててね。凄くかっこいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病気とずっと闘ってたのは前々から知ってたけど、

最後のレコーディング映像見て愕然としました。

こんな状態になるまでアーティストであり続けたんだな。

 

 

 

 

 

 

最後まで音楽人生を全うしたその生き様。

本当にかっこいい。忘れません。

川島さんお疲れ様でした。中野さんもお疲れ様でした。

かっこいい音楽をありがとう。

ご冥福をお祈りします。

 

 

 

ブンブンが最後に残してくれた曲。

生命の輝きがそのまま音になったかのようでとても美しい。

明日CD買いにいこう。

 

 

 

Fooly Coolly | - | 02:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
歴史を音に刻む

REC4日目終了。

録りの方もようやく折り返しまできました。

今日は人力ループミュージックと格闘、精根尽き果てるまで弾き倒しました。

その甲斐もあって今出来うる最高のベーシックが録れたと思います。充実感&達成感。

 

 

 

回を重ねるごとになくなる違和感、それどころか毎回最高記録を更新している今回のレコーディング。

自分の成長を実感すると共にバンドの成長も実感してます。

それはただバンドの今の調子がいいというだけではなく、

バンドメンバー各々が今まで培ってきた経験、試行錯誤してきた成果が今の音として表現されているわけで、

技術的にまだまだいけるにしても今の自分達に出来うる最高の音を作品として記録に残す。

それが"バンドの歴史を音に刻む"ということなのかなとふと思いました。

 

 

 

まだまだRECは続きますが間違いなく最高傑作のアルバムが出来ると確信しています。

完成した時どうなってるのか、今からとても楽しみです。

乞うご期待ください。

 

 

 

そういえば本日、5年前に発表したポテコ1st Album"西郷隆盛性欲バズーカ"より"前途多難"のMusic Videoが5年越しに完成したそうです。

まさしくバンドに歴史あり。

MV詳細についてはズキのブログでどうぞ。

 

 

 

 

 

 

……なんでしょうね、ストレンジな違和感というか。

平たく言えば全体的になんか気持ちわりいけどなんかウケますね笑

サイケってこういうことだと思いますね。僕は好きですね。

和智さん本当にお疲れ様でした。

 

 

 

本日の1曲:Sunday Morning/Berlin Penguin Record

Fooly Coolly | - | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
明日はレコーディンGOOOOOOOOOOOOOOOOOO

かれこれREC4日目。

毎月1日2曲ペースで7月から録ってます。

とても良い感じに進んでおります。

明日の2曲もしっかり練習。余念ナシ。

 

 

ってことで明日も早いので今日はこのへんで。

勇者ヨシヒコ最新シリーズ最高でしたね。(さらなる布教)

 

 

本日の1曲:Dani California/Red Hot Chili Peppers

Fooly Coolly | - | 03:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ご無沙汰ん

ども、おはようございます。

僕にとってはまだ"こんばんは"ですが。

ツイッターはちょこちょこ呟いとりますがブログはご無沙汰しとります。

前回のブログ更新が8月のパピーズ企画の一人反省会ですか。

なんかマジメなことやってますね←おまえだろ

ライヴの個人反省ブログは続ける気でいたんですがその後の第2回の反省ブログを書きそびれてからなんかやる気なくなってね(コラ

でも自分の中ではちゃんと反省・考察して消化してましたよ。

そこはマジメなんでね←

 

 

 

最近は個人的に色々ありましたね。

一番大きなトピックはやはり"東京パピーズ脱退"ですかね。

実は早い段階で決まってました。5月とかかな。

キッカケはまぁ色々あったんですけど今年の春先にポテコとパピーズ両方のスケジューリングでバッティングしたことが一番の要因ですかね。

ポテコもパピーズもどっちも正式メンバーである以上、いつかどちらの活動にも支障出るのは覚悟してたつもりなんですけど

思ってたよりもずっと早いタイミングでそれが起きてしまったので。

どっちのバンドもこれからのバンドなのに、このタイミングでそれが起きたということはこの先どっちにも迷惑かけるなーと。

中途半端に続けるよりも片方に区切りをつけて一つのバンドに集中する方がいいと判断して脱退を決めました。

やはり自分にとってはポテコは20代の全てを賭けてきて今もなおこれからもまだまだ挑戦していきたいと思う特別なバンドなので。

でもいきなり辞めてしまうのもさすがに無責任すぎるので新体制が固まるまではパピーズやろうと。

そう思って続けてました。

脱退ライヴ数日前(脱退は9/29でした)に急遽脱退発表したのは急遽新体制が固まったことを伝えられたからです。

と言ったらなんか語弊を生みそうですが、全然いざこざとかはなく

残るメンバーの太郎ちゃんとかいへーの2人が考えた末にこのタイミングが一番良いと判断したからで、

僕もよーちゃんもその判断を支持しました。

ただあまりに急遽だったので最後のライヴを観て欲しくても観れない人が結構いたのが少し残念でしたが

個人的には最後の演奏やりきりました。パピーズで体得したモノを全部出したつもりです。悔いはないです。

 

 

 

東京パピーズには去年11月から参加してわずか10ヵ月の在籍でしたが

10ヵ月とは思えないほど濃密な期間でした。

ベーシストとしても人間としても大きく成長できた期間で沢山得るモノがありましたし

沢山のバンド、イベンター、お客さんと出会うキッカケをもらいました。

それら全てが僕の人生の財産です。

東京パピーズというバンドに参加して本当によかったと心から思います。

パピーズでの経験をこれからの自分の音楽人生に活かしたいと思います。

メンバーには感謝しかないです。本当にありがとう。

 

 

 

また対バンしようと約束したので。その時が来たときには殺し合いです←ぇ

その時を楽しみにこれからもポテコ頑張ろうと思います。

 

 

 

すっかり長くなってしまったので今日はこのへんで。

あー久々の更新だからまだまだ色々書きたいことあるなー。

やっぱちょこちょこ書いてかないとダメだなー。

ポテコのこととかレコーディングのことベースのこととか真田丸のこととか勇者ヨシヒコのこととか色々ありますなー。

勇者ヨシヒコはね、ちょっとどうでしょうに次ぐレベルでハマってしまったんでね。

今夜深夜0時過ぎから第3期が始まるんでね。

皆さん是非チェックしていただきたいところです。(布教)

 

 

 

それではおやすみなさい。また近々。

 

 

 

 

本日の1曲:レミング/MEAT EATERS

Fooly Coolly | - | 05:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2/29PAGES | << >> |